スポンサードリンク



蜂の子

蜂の子が、頭痛に効果があるといわれています。例えば、頭痛の原因の一つに耳鳴りがあります。耳鳴りは、加齢が原因の難聴による神経の興奮が原因の一つといわれています。



岐阜大学医学部附属病院 青木光広 臨床准教授のグループは、耳鳴りを伴う難聴患者を対象としたヒト試験を行い、“酵素分解蜂の子”を長期間摂取することによって、耳鳴りによる不安や憂鬱感といった抑うつ症状および聴こえにくさが改善されるという研究を報告しています。



また、他の研究グループが行ったヒト試験においても、試験に参加した人の約7割が、蜂の子粉末の摂取による耳鳴りの改善を実感したと報告しています。



一般的に蜂の子として市販されているものの多くは、ミツバチのオスの幼虫です。これは、ミツバチの女王蜂や働き蜂といったメス蜂はローヤルゼリーやはちみつなどの生産に用いられるためです。



もちろん、蜂の子とは、ミツバチだけでなくスズメバチやクロスズメバチ、アシナガバチ、クマバチなどの蜂の幼虫やサナギも、すべて蜂の子と呼ばれています。



蜂の子は、中国では、若さや元気の源として2000年以上前から最高級の滋養強壮食品として愛用されていて、中国最古の薬学書では上薬に分類され、副作用のない安全な不老長寿の最高の薬と記載されていて、「蜂の子に勝る美容、滋養食なし」と古くから言い伝えられ、たいへん貴重な滋養強壮、老化を防ぐ食べ物として有名です。



蜂の子には幼虫、さなぎ、成虫へと成長するために必要な幼若ホルモンやエクジソン、羽化ホルモンなどの昆虫ホルモンやビタミン、ミネラル、アミノ酸、たんばく質が豊富に含まれています。



エクジソン(Ecdysone)は、前胸腺から分泌されるステロイドホルモンで、脱皮(ecdysis)または変態を促進する作用があり、脱皮ホルモン(Molting hormone)とも呼ばれていますが、植物にも存在していて、これは、脱皮を促すことで昆虫の食害から逃れるためという説があります。



このエクジソンの類のホルモンを総称してエクジステロイド(ecdysteroid)とも呼んでいて、ヒトにおいては、体力増強(アナボリック)作用があり、細胞の酸素処理を容易にする働きがある筋肉増強成分といわれています。



これら昆虫ホルモンには、人間の性ホルモン合成にも関与するという説があり、EDをはじめ、頻尿その他の更年期に伴う諸症状の緩和など性機能の改善に効果があるといわれています。



また、中国天津市の東麗病院の孫全喜医師の報告によれば、蜂の子には、人間の体内のホルモン(体の機能をスムーズに働くように調整する物質)のバランスを維持し、胸腺の働きを改善することで、衰えていたリンパ球の働きを促す成分が豊富に含まれているとされています。



蜂の子を摂取すると、数が少なくなったリンパ球を増殖させるとともに、衰えていたTリンパ球やBリンパ球の働きを向上させ、同時に副交感神経を刺激することができます。免疫力を強化し、体に活力を与える蜂の子は、環境や加齢、ストレスなどが原因で引き起こされるさまざまな病気に対して有効であると考えられています



蜂の子は、昆虫ホルモンやビタミン、ミネラル、アミノ酸、たんばく質を豊富に含むことから、ストレスホルモンの活動を整えて耳鳴に伴う不安や苦痛を和らげるとともに、聴力を回復させる働きを持つ可能性があることで頭痛に効果があるといえそうです。



蜂の子 最新一覧 By 楽天
| 蜂の子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。