スポンサードリンク



セロリ

セロリが頭痛に効果があるようです。セロリ(塘蒿、英: celery、学名: Apium graveolens var. dulce)は、セリ科の野菜です。オランダミツバ、清正人参(きよまさにんじん)とも呼ばれ、葉、茎、根、実、ほぼ全ての部分を食用にできますが、店頭では葉と茎を眼にすることが多いといえます。独特の強い香りがあります。



セロリ独特の香りは、アピイン(Apiin)、セダノライド(sedanolide)、β‐セリネン (β-Selinene) という香味成分によるもので、頭痛に効果があるとされているほか、食欲増進、精神安定、などに効果があります。セロリには、リモネンやピラジンなど有益な香り成分も含まれています。



茎に含まれるメチオニン(Methionine)は、必須アミノ酸のひとつで肝臓の機能を高める成分として知られていて、リモネンやセダノライドとともに、飲酒や喫煙で体内にたまった毒素を除く有効成分として、二日酔いの頭痛に効果があるとされています。



アピイン(Apiin)は、セロリやパセリの葉および種子に含まれるフラボノイド色素で、鎮静作用があるフラボン系色素のアピゲニン(apigenin)に糖のアピオース (apiose)とグルコース (glucose)が結合したフラボノイド配糖体で、神経の鎮静作用があり、神経過敏な人や不眠症、ノイローゼに効果があります。入浴剤としてお風呂に入れると冷え性にも効果があるようです。



セダノライドは、セダノン酸(Sedanonic acid)のラクトン (lactone) で、肝臓などの臓器で解毒作用を持つグルタチオン-s-転移酵素(Glutathione S-transferase)の活性を誘導し、更にガン抑制作用があるとされています。



β−セリネンは、整腸作用、強壮作用の働きがあります。リモネン(limonene)には抗感染作用、組織再生作用、抗炎症作用、鬱滞除去作用等に加えて、肝臓細胞再生作用、腎臓機能促進作用の働きがあります。



また、野菜特有の青臭さの元といわれる、ピラジン(pyrazine)は、血液をサラサラにして血栓が出来るのを抑制し、心筋梗塞・脳梗塞に効果があると言われているなどセロリのニオイ成分には様々な効能があるようです。



セロリは、フラボノイドの一種で黄色色素成分のルテオリン(luteolin)も含んでいて、これは、免疫力を正常にする働きがあり、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状を改善する働きもあるとされています。



セロリは、このほかにも、塩分排出効果のあるカリウムが、キャベツの2倍以上の100g中410mg、また葉の部分にはβカロテンが、キャベツの約9倍の100g当たり450mg含まれていて、ビタミンB1、B2、C、E、カルシウム、鉄、さらに、胃や十二指腸の潰瘍予防効果のあるビタミンUなど、ビタミンやミネラルをまんべんなく含み、食物繊維も豊富な健康野菜です。カリウムと食物繊維は、便秘解消や利尿作用も期待できます。



セロリは、精油としても利用されていて、消化促進、鎮静、抗アレルギー、整腸、強精、疲労回復、動脈硬化予防、気管支炎、肝臓病等に効果があるといわれています。葉を乾燥させてセロリ茶としても利用されています。

セロリ 最新一覧 By 楽天


タグ:セロリ
| セロリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク







×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。