スポンサードリンク



セイヨウフキ

セイヨウフキが偏頭痛に効果があるとされています。セイヨウフキ(西洋蕗、学名:Petasites hybridus)は、キク科フキ属の植物ですが、日本のフキとは種類が異なります。英語では、バターバー (Butterbur) と一般的に呼ばれています。



頭の片側などが脈拍と連動するようにズキズキと痛む偏頭痛は、頭の神経が炎症をともなうことから起こるといわれていますが、その炎症反応において非常に重要な役割を果たす物質がロイコトリエン (leukotriene)というエイコサノイド (eicosanoid)の一種です。



セイヨウフキに含まれているセスキテルペン(Sesquiterpene)化合物のペタシン(Petasin)やイソペタシン(Isopetasin)が、炎症を誘発する物質ロイコトリエンの合成を抑えることで、偏頭痛の症状緩和を促すとされています。



このセイヨウフキの作用は、炎症を引きおこすロイコトリエンの合成を阻害することで喘息症状を抑制する効果があるとして、もともと気管支喘息治療剤として開発されて、偏頭痛の治療薬としても使用されているロイコトリエン受容体拮抗薬と同じ働きです。



ロイコトリエンはまた、花粉症やアトピー性皮膚炎も引きおこしているといわれています。ロイコトリエンは、ヒスタミンと同様、アレルギー性鼻炎などのアレルギー症状を引き起こす化学伝達物質のひとつです。



ロイコトリエンは、肥満細胞などから放出され、鼻粘膜の血管を拡張したり、血管の透過性を亢進し浮腫を引き起こすことによって鼻づまりの原因となります。さらに刺激に対して鼻粘膜を過敏に反応させて、アレルギー症状をもたらす要因ともなっています。



セイヨウフキは、炎症を引きおこすロイコトリエンの合成を阻害することで偏頭痛だけでなく花粉症の鼻づまりなどのアレルギー症状の軽減に効果があるとされています。また、尿管の炎症を改善させる効果が期待されてもいるようです。



セイヨウフキは、偏頭痛だけでなく花粉症へも効果があります。しかし、一般の花粉症の薬に見られるとされる眠気やのどの違和感といった症状を感じることはありません。また他の薬との飲み合わせについても問題となった報告はないようです。



また、セイヨウフキは、ピロリジディンアルカロイド(pyrrolizidine alkaloids:PAs) が含まれていて、このPAsは肝臓に害を及ぼす怖れがあるとされています。したがって、セイヨウフキサプリメントを選ぶなら、このPAsが除去された安全で品質の高い成分抽出がなされているものを選びたいところです。

西洋フキ 最新一覧 By 楽天


スポンサードリンク







×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。