スポンサードリンク



エゾウコギ

エゾウコギが頭痛の予防と解消に効果があるようです。エゾウコギとは、釧路、網走など北海道東部、ロシアのアムール州、サハリン州、中国の黒竜江省、吉林省にも自生する、高さ2〜3mの落葉低木です。エゾウコギのエゾは北海道を意味します。つまり北海道のごく一部に自生することから名づけられた和名です。



エゾウコギはウコギ科 (Araliaceae) の樹木ですが、ウコギ科といえば高麗人参があります。高麗人参は滋養強壮などに効果があるとして古くから知られています。エゾウコギも同じウコギ科として様々な効能が認められています。



エゾウコギの成分は、しかし、高麗人参とは大きく異なるものです。主なものには、エゾウコギに特有のエレウテロシドA〜Gという7種類のトリテルペイド配糖体(免疫力を高め、殺菌、抗炎症作用を持つ)のほか、血中コレステロールを調整するステロール、血圧を下げ自律神経のバランスを整えるクマリン誘導体、抗疲労作用や興奮作用を持つシリンジン、抗酸化作用や心臓の冠状動脈拡張作用を持つフラボノイドなどがあります。



頭痛には様々な原因がありますが、例えば、長時間、無理な姿勢をしていたり、パソコンを使用するなどによって頭から肩にかけての筋肉が緊張し血流が悪くなると、疲労物質が筋肉にたまり、これが神経を刺激して痛みを引き起こすと考えられています。また、更年期障害などによる自律神経失調症が原因の頭痛もあります。



エゾウコギに含まれているエレウテロサイドB1や、イソフラシジンは、鎮静、自律神経調整作用や性腺刺激作用があり、ハイペリンには冠動脈の拡張作用があります。フラボノイドには血管を拡張して血流を改善する作用があります。



したがって、エゾウコギは、頭痛に一定の効果があると考えられます。

エゾウコギ 最新一覧 By 楽天


タグ:エゾウコギ

スポンサードリンク







×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。