スポンサードリンク



マジョラム

マジョラムが頭痛の症状軽減に効果があるようです。マジョラム(英語:marjoram、学名:Origanum majorana)は、シソ科の多年草ハーブで、原産地は、エジプト、地中海地方とされています。和名は「茉夭刺那(マヨラナ)」といいます。



マジョラムの含有成分には、テルピネン、テルピネオール、ボルネオール、カンファー、カリオフィレン、サビネン、リナロール、カルバクロール、酢酸リナリル、オシメン、カジネン、酢酸ゲラニル、シトラール、オイゲノールなどがあります。



セスキテルペン炭化水素類のカリオフィレンは、抗炎症、抗ウイルス、抗アレルギー作用、フェノールのカルバクロール、オイゲノールは、殺菌作用、免疫向上、強壮作用、体温上昇、皮膚刺激、エステルの酢酸ゲラニオールは、鎮静、抗真菌、弱い抗炎症作用、アルデヒドのシトラールは、抗炎症、抗真菌作用があるとされています。



マジョラムはこれらの成分が相互に働くことで、いわゆる根をつめた事で生じる頭痛の改善に効果があるとされています。また、リラックス効果が高いことから、不眠症にも効果があるとされています。血液の循環促進作用があることで、冷え性や筋肉痛を和らげるとされていて、消化促進作用もあるといわれています。



マジョラムのハーブの薬効は様々なものがあることで、マジョラムの名前は大きいという意味のラテン語「マヨル」が語源とされ、これは「人の生命を長く伸ばす」という意味だといわれています。

マジョラム 最新一覧 By 楽天


タグ:マジョラム

スポンサードリンク







×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。