スポンサードリンク



サフラン

サフラン(仏: safran)が頭痛の改善に効果があるようです。サフランはアヤメ科サフラン属で学名を crocus sativus という多年生の球根植物で、めしべ部分をハーブとして利用します。原産地は地中海沿岸、小アジア、イランなどとされています。



サフランは、頭痛以外にも、イライラ、ヒステリー、神経症、ストレス、不眠症、めまい、安眠促進効果などに効果があるとされていますが、それは、気持ちを落ち着かせる鎮静作用と睡眠時間を長くする催眠延長効果があることによるようです。



そして、ほかにも冷え性、生理不順、生理痛、腹痛、更年期障害、消化不良、喘息、発ガン予防、などに効果があると言われていて、女性にはおススメのハーブといえます。



サフランに含まれている、黄色い色素成分で水溶性のクロシン(crocin)は、記憶を司る大脳の海馬にある神経細胞を活性化し、健忘症やアルコールによる記憶障害の予防・改善効果 があるとされています。



また、苦味成分のピクロクロシン(picrocrocin)は、時間が経つと加水分解し、サフラナールという匂いの成分に変化することで、古くなるほど匂いはきつくなるとされています。しかし、サフラナールは元からある香りの主成分なので、匂いを嗅いだくらいで新鮮なのかどうかの区別はつかないようです。



サフランの精油成分であるクロセチン(crocetin)は、血圧や血清コレステロールの降下作用があり、動脈硬化を改善できると期待されているようです。



サフランの効能を得ることが出来るのは、花の赤いめしべ部分だけです。3本に見えますが、実は根元付近でつながっていて3本で1本となります。これを乾燥したものを使用します。したがって、非常に貴重で、高価なものとなります。



サフランを大量に摂取することは健康被害をもたらすようです。少量であれば妊婦の方も問題ないと思われます。ちなみに、健康な人の場合、1.5g/日までの摂取なら副作用は報告されていません。



ただし、5g/日以上の摂取では皮膚や強膜、粘膜が黄色くなる黄疸様症状や、嘔吐、めまい、血の混じった下痢、血尿、鼻や唇、目の縁、子宮からの出血、しびれ感、尿毒症による衰弱、鼻の壊死を招く血小板減少性の紫斑などの症状を起こすようです。もちろん、妊婦の方はこれほどの量を摂ることはまちがってもすべきではありません。



サフランをハーブティーとして利用するときは、1杯あたりサフラン2〜3本(0.01〜0.03g)が標準です。これを、温めたお気に入りのカップにいれて、熱湯150mlを注いだら10〜15分後に飲むのがおススメです。

サフラン 最新一覧 By 楽天


タグ:サフラン
| サフラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク







×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。