スポンサードリンク



ラベンダー

ラベンダーが頭痛の症状緩和に効果があるといわれています。ラベンダー(英: Lavender)は、シソ科の低木常緑樹で、原産は地中海沿岸とされています。生育環境としては高温多湿を好まず、西岸海洋性気候や亜寒帯湿潤気候の地域で多く栽培されています。



ラベンダーの精油は、アロマセラピーにおける代表的精油のひとつです。「万能精油」と呼ばれる程、非常に用途が広く、安全に使用できるため、初めて精油を使うという方でも安心な精油です。他の精油と違い、ラベンダーとティートリーだけが原液のまま肌につけてもよい精油とされています。もちろん、パッチテストは必要です。



ラベンダーに含まれる、酢酸リナリル(linalylacetate)には自律神経を調整し、興奮を鎮める作用、また痛みや炎症を鎮める作用などがあり、これが頭痛に効果的に働いていると思われます。



ラベンダーのもうひとつの特徴的な有効成分とされるリナロール(linalool)には、殺菌作用や免疫力を向上させる作用などがあります。そのほかにも、ラベンジュリルアセテート、テルピネノール、シネオール(cineol)、カンファー(camphor) 、ボルネオール(borneol)、ピネン(pinene)、リモネン(limonen)、ペリリルアルコール(perillyl alcohol)、タンニン、クマリン類[クマリン(coumarin)、ウンベリフェロン(umbelliferone)など]、フラボノイド、トリテルペノイドなどが含まれています。



これらの成分が、単独であるいは相乗的に作用し、頭痛の、特に鋭い痛みに効果をもたらすだけでなく、強壮、鎮静、殺菌消毒、細胞成長促進等などさまざまな作用を発揮するようです。



例えば、ラベンダーのリラクゼーション効果があります。ラベンダーの香りには不安感や緊張をほぐし、心を落ち着かせてくれる作用があります。



ラベンダーのエッセンシャルオイルは、花の先端と葉から抽出されます。その芳香成分は、おもに脳幹にある縫線核を刺激し、その刺激によってセトロニンなどの物質が分泌され、鎮静・鎮痛などの優れた作用をもたらします。



また、ラベンダーの芳香成分は自律神経と深く関わりのある視床下部をも刺激し、その刺激により自律神経を調整します。そのため、リラクゼーション効果をもたらすとされています。



ラベンダーのエッセンシャルオイルには、優れた消毒作用もあります。そして、皮膚の再生を促して傷を治す作用に優れ、火傷、虫さされ、吹き出物などに非常に効果的とされています。ラベンダーには防虫効果もあり、ヨーロッパでは衣類の防虫剤として利用されています。

ラベンダー 最新一覧 By 楽天


タグ:ラベンダー

スポンサードリンク







×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。