スポンサードリンク



菊花

菊花 (きっか、あるいは、きくか)が頭痛に効果があるとされています。菊の花は食用としても利用されている食用菊がありますが、薬用として利用されているものも同じものです。



風邪をひいて熱っぽくなりのぼせるタイプの頭痛、ふらつきを伴う頭痛などに効果があるとされているようです。また、頭重感のある場合や、高血圧やイライラしやすい人の頭痛にも効果があるようです。



菊花に含まれているアピゲニン (apigenin)は、他の白色や黄色の花の花弁にも含まれるフラボノイドの一種です。アピゲニンは鎮静作用を持つことが知られています。



菊花には、他にも、体内では神経伝達物質のアセチルコリンの前駆物質であるコリン(choline)や、アデニン(adenine)、スタチドリン(stachydrine)、クリサンテミン、フルクトース、グルコース、スクロース、ラムノース、アラビノース、ガラクト−ス、フラボノイド、精油などを含んでいます。



菊花に含まれるこれらの成分により、消炎、利尿、降圧、解毒作用があるとして、頭痛以外にも、解熱、解毒、鎮痛、消炎薬として、感冒、発熱、悪寒、目赤腫痛、視力の改善、目の充血、視力の低下、化膿性の炎症などに生薬として用いられています。さらに、めまい、や、動脈硬化、高コレステロール症など、に応用したり、清熱、解毒薬としても用いることがあるようです。

菊花 最新一覧 By 楽天


タグ:菊花
| 菊花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク







×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。